ネズミ撲滅運動

ネズミを駆除するための役に立つ情報を紹介します!

自分でできるネズミ被害の予防対策 

ネズミは住み着かれてしまうと本当に駆除が大変です。巣を作るとそこで繁殖して、排泄物、死骸などで住宅の見えない部分が汚れてしまいます。ネズミの駆除は専門業者に依頼するのが一番いいのですが、自分でもできるネズミの予防対策を考えてみました。

ごみや食料をきちんと管理する

なぜネズミが住宅に住み着くかというと、その住宅にはえさがあるからです。ネズミは運動量が多い割りに体が小さいため食欲が旺盛で、一日に体重の1/3の量を食べます。逆に何も食べなければ4日程で飢え死にします。もしもネズミに侵入されても、その家にえさがなければネズミは住みつくことはありません。まず基本的な対策はごみや食料をネズミが簡単に食べられないように管理することです。特にネズミが活動する夜はしっかりと管理してください。

侵入を防ぐ

ネズミは3cm、4cmの非常に小さな穴からも侵入してきます。住宅の隅々まで点検し、専用の金網で怪しいところを塞ぐことができれば、非常に効果的にネズミを防ぐことができるでしょう。かなり大変ですので、根気よく続けください。また、ネズミよけのスプレー薬品が売られてい増す。金網とあわせて使用すると効果的です。

ペットを飼う

天敵を飼う

ネズミは猫が嫌いというのは有名ですよね。かわいいだけの猫でも効果はあって、猫の鳴き声やにおいを察知すると、ネズミはその住宅からすぐに退散します。ネズミの天敵には野生だと他に蛇やフクロウ、イタチなどがいますが、普通の住宅では難しいでしょう。では猫を飼うことができない家ではどうすればいいでしょうか。

ネズミを飼う

その場合はハムスターを飼ってみてください。ネズミを飼うことになりますが、これはネズミの縄張り意識が強い点を利用しています。ネズミは他のネズミがいる環境へは侵入しないという習性を利用しています。ネズミは駆除が大変なので、住宅を守るためには侵入対策が非常に有効です。今はネズミの被害がなくても、これらの予防対策があることを覚えておいてください。