ネズミ撲滅運動

ネズミを駆除するための役に立つ情報を紹介します!

ネズミを自分で駆除する方法~駆除グッズのメリットとデメリット

ネズミを駆除は非常に大きな労力が必要です。しかしネズミの被害や気配が感じられたら、早急に手を打ってください。ネズミへの対策方法は大きく2つに分けられます。

外からの侵入を防ぐ

住み着かれている場合でも、これ以上外部からのネズミが増えないように遮断します。

金網で経路を塞ぐ

ネズミは壁が薄ければ穴を開けてしまうほど強い歯を持っているので、穴を塞ぐには金網を使用します。市販されているネズミ対策用のものを、家の換気を邪魔しないよう、侵入の可能性がある場所に設置します。

ネズミよけの薬品を散布する

ネズミの対策グッズは煙やスプレーなどを散布するタイプのものが販売されています。しかしこれらの薬品は揮発するので、効果がずっと続くものではありません。時間がたつと効果が薄れてしまいます。また、効果自体も実感しづらいため、金網と薬品類を併用するのがよいと思います。

捕獲して処分する

毒のえさを使用する

ネズミ専用の毒のえさが市販されています。利点はどこにでも設置できるというところにあります。しかしネズミが予測不可能な別の場所で死んでしまうことや、ペットや幼児が口にしてしまうという可能性があり、万能ではありません。

ネズミ専用の粘着シート

ネズミがこの粘着シートの上を通ると、シートに張り付いてします、というものです。これは時間の経過とともに粘着力が弱まりますが、実際につかまっている設置場所で成果を確認できます。しかし生きているネズミや、ネズミの死骸の処分に困ってしまいます。

ばね式のわな

毒のえさや本物のえさでおびき寄せ、ネズミをばねの力で殺し、捕らえるというもわなです。このわなはネズミが死ぬので死骸を処分することになります。何度も使えますが、繰り返し使うというのは衛生面での不安があります。

かご式のわな

こちらも毒えさあるいは普通のえさを使い、かごに誘い込んで捕獲します。わなは放置したままでいいという楽な部分はありますが、繰り返しの使用による衛生面での問題、生きたネズミや死骸の処分などが問題になります。

ネズミは学習する生き物

ネズミ駆除の難しいところは、侵入対策をしても効果が実感できづらく、そしてわなで捕獲できたとしても、その後の処理がストレスです。駆除できたとしても,排泄物などで住宅は汚れています。その清掃も大変です。このストレスから開放されるために、実際は自分で駆除を試した後に業者に依頼する方が多いようなのです。しかし、ネズミには学習能力があり、一度目の前でほかのネズミがわなに捕まるところを見ると、それ以降そのわなが利かなくなります。自分で駆除を失敗したあとに業者へ依頼するよりは、最初から任せてしまったほうがいいという面もあります。