ネズミ撲滅運動

ネズミを駆除するための役に立つ情報を紹介します!

家ネズミが人間に被害をもたらしています。

ネズミは皆さん好きですか?僕は嫌いなんです。理由はくさいし汚いし気持ち悪いから。ネズミの駆除についてかなり調べたので、このブログでネズミの駆除に関する情報を発信していきます。今回は駆除する対象であるネズミの種類、習性などを紹介します。

家ネズミ

人間に害をもたらしているネズミは当然人間の生活圏に入り込んでしまっています。それらのネズミは自然に生きているものとは別に、「家ネズミ」と呼ばれています。この家ネズミは主にドブネズミ、ハツカネズミ、クマネズミという3種類が指摘されています。

クマネズミ

ネズミとしては平均的な大きさで20cm程度。クマネズミは野生ではもともと樹の上で生活をしていました。そのため住宅地では電柱や壁を登ることができ、マンションや住宅の上の方まで生息しています。都市部でも高層ビルに適応することに加え、雑食で人間が残した食料やごみをえさにすることができるため、ほかのネズミに比べて勢力が近頃増加しています。そして非常に知能が高く、また臆病なため、捕獲や駆除が難しい種類です。

ドブネズミ

人間の生活圏の低層で生活しています。ほかのネズミよりも体が大きく、また人に噛み付いたりなどもする獰猛な性格の種類です。活動は陸上だけに及ばず泳ぐこともでき、住宅の中でも湿度の高い下水やキッチンに侵入しています。そのような暗く狭い場所を好み、下水道などに巣を作って生活しています。肉食のため、水生生物や動物の肉などをえさにしています。

ハツカネズミ

これは非常に小さなネズミで、大きさは10cmもありません。ハツカネズミは都市部よりも自然の多い郊外の草地や河原、農地などに生息しています。えさは植物を好み、被害を受けるのは穀物や野菜など、農作物が主です。性格はドブネズミとは反対におとなしいです。

ネズミの駆除は難しい

ネズミの駆除は根気がいるもので、ほかの動物に比べて学習能力が高く、そして繁殖能力強いため、目の前に出てきたネズミを処分してもそれで終わるわけではありません。しっかりした対策が必要で、一度失敗した罠はほとんど使用できなくなります。これからネズミの駆除に役立つ情報を紹介していくので、ぜひ目を通してみてください。